東京工業大学
化学生命科学研究所
館山・安藤研究室

館山研究室の蓄電池に関する計算科学研究・データ科学研究は世界的に見ても最先端と言って良いかと思います。そのため、世界のトップ研究者と様々な研究交流を持っています。また電気化学分野・界面科学分野・イオンダイナミクス分野の理論計算でも様々な先端的研究を行ってます。

東京工業大学 化学生命科学研究所 最新の研究

HPCIマガジン富岳百景 vol. 5

プロジェクト

* 文部科学省 「富岳」成果創出加速プログラム 大規模連携課題 「物理-化学連携による持続的成長に向けた高機能・長寿命材料の探索・制御」 (「富岳」材料物理化学課題) 課題責任者・研究代表者 課題HP プログラムHP1 プログラムHP2

* 文部科学省 DxMT 「再生可能エネルギー最大導入に向けた電気化学材料研究拠点 (東京大学) DX-GEM」 理論計算グループ グループリーダー

* JST GteX 蓄電池領域 「資源制約フリーなナトリウムイオン電池の開発」 機構解明グループ グループリーダー

* JST CREST(北川領域) 「分子結晶全固体電池の創製」(一杉CREST) 主たる共同研究者

* NEDO SOLiD-Next (次世代全固体蓄電池材料の評価・基盤技術開発) サテライト研究開発機関 主任研究者

* JST ASPIRE ”分散型国際ネットワークが実現する基盤蓄電技術革新とネットゼロ社会” CoPI

* 科研費 学術変革領域研究A 「イオン流の非平衡性と集団運動の理解による材料デザイン変革」(イオン渋滞学)計画班A01 (安藤班)研究協力者

* JST共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT) :NIMS 先進蓄電池研究開発拠点(ABC) 計算科学チーム チームリーダー

*企業3社, 共同研究

* 科研費 新学術領域研究 「蓄電固体デバイスの創成に向けた界面イオンダイナミクスの科学」(蓄電固体界面科学)理論・計算・データ科学計画班(A03) 研究代表者  2024/3/31無事終了

講演

2024/11/10-14: 館山教授はアメリカ・ワシントン州 Pacific North-Western National Lab.で開催されるNa-ion batteryの国際会議にて招待講演を行います。

2024/09/04-07: 館山教授は松江市で開催される日仏蓄電池国際会議にて招待講演を行います。

2024/08/04-09:館山教授はアメリカ・コロラド州で開催される界面イオニクスに関する国際サマースクールにて講義を行います。

2024/07/15-24: 館山教授は固体イオニクスの代表的国際会議であるSSI(2024/7/15-19: London, UK)にて口頭発表を行います。また7/20は King’s college Londonで開催されるポスト・ワークショップで講演、翌週はUniversity of CambridgeのFaraday Institutionグループを訪問する予定です。

2024/06/21-7/5: 館山・安藤研究室に蓄電池の計算科学研究で世界的に著名なProf. Yue Qi(Brown Univ. USA)とQi研究室のph. D students、Gregory PustorinoとHarsh Jagadが滞在し、本格的な共同研究をスタートさせます。

2024/06/24: 館山教授はJST-ASPIREプロジェクトの早稲田大学・大久保先生課題のキックオフミーティング(早稲田大学)にて招待講演を行います。

2024/06/18: 館山教授は蓄電池研究の代表的な国際会議であるIMLB(2024/6/17-21: Hong Kong)にて招待講演を行います。

2024/06/12: 館山教授は早稲田大学でハイブリッド開催される第421回電池技術委員会にて招待講演を行います。

###

2024/04/25: 館山教授がアメリカ・シアトルで開催された2024 MRS SRPING Meeting & ExhibitのES01 Next-Generation EV Battery Materials—Bridging Academic, Government and Industry Researchにて招待講演を行いました。