Tateyama-Ando Group
Laboratory for Chemistry and Life Science (CLS)
Tokyo Institute of Technology (Tokyo Tech)

2023.10.31
News: Seong-hoon-san
2023.12.24
Information: Assistant Professor
2023.12.24
News: Assistant Professor
2023.10.01
News: Tokyo Tech Professor
1970.01.01
Luong(PD)らのイオン伝導度と電子伝導度の両者を考慮した蓄電池正極材料評価に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がJ. Power Sourcesに出版されました。
2023.04.06
佐々木(Ph.D)らのイオン伝導度計算に対する新しい非平衡MD手法の開発と実証に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がnpj Comput. Mater.に出版されました。
2023.06.28
Jang(PD)らの固体電解質安定性のハイスループットスクリーニング手法の提案に関するDX-GEM・ABC論文がJ. Phys. Chem. Aに出版されました。
2023.07.05
館山(GL)らのリチウムイオン電池有機正極の計算探索に探索の「富岳」電池課題論文がJ. Phys. Chem. Cに出版されました。
2023.08.28
Jalem(Staff)らの有望固体電解質のDFT計算および機械学習に関する科研費・マテリアライズ論文がJ. Phys. Chem. Cに出版されました。
2023.09.11
W.Zhou(PD)らのMg二次電池正極表面における電解液分解機構のALCA-SPRING論文がACS Energy Lett.に出版されました。
2020.11.23
Tianさんらの全固体電池界面のイオン・電子移動に関する蓄電固体界面科学共同研究論文がACS Appl. Mater. Interfacesに出版されました。
2020.12.09
東理大・駒場先生、久保田先生らとのNaイオン電池高容量負極に関する元素戦略共同研究論文がAngew. Chem. Int. Ed.に出版されました。
2021.02.15
東工大・山口先生、鎌田先生らとの水電解に関するJSTさきがけ共同研究論文がACS Appl. Energy Mater.に出版されました。また東京工業大学にてプレスリリースされました。
2021.02.25
石川さんらのメタン部分酸化の反応速度論解析に関するJSTさきがけ論文がACS Catal.に出版されました。また、JSTからプレスリリースされました。
2021.03.05
Gaoさんらの全固体電池の電気化学理論に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がACS Appl. Mater. Interfacesに出版されました。
2021.04.01
山地洋平さんが主任研究員として当研究室に着任しました。
2021.04.01
主任研究員のJalemさんがNIMS理事長賞進歩賞を受賞しました。
2021.04.09
Younさんらのハードカーボン負極内のNaクラスター形成に関する元素戦略・「富岳」電池課題共同研究論文がNature系雑誌npj Comput. Mater.に出版されました。
2021.05.21
TianさんらのMg金属負極の溶解促進に関するJST-ALCA・蓄電固体界面科学共同研究論文がJ. Mater. Chem. Aに出版されました。
2021.05.24
Jalemさんらの機械学習による固体電解質予測に関するJST-ALCA・「富岳」電池課題共同研究論文がChem. Mater.に出版されました。
2021.06.23
東工大一杉・館山研の博士課程学生・佐々木さんの有機結晶電解質内の特殊なイオン伝導機構に関する論文がJ. Mater. Chem. Aに出版されました。
2021.11.09
山地さんらの人工ニューラルネットワーク(ANN)を活用した計算手法開発に関する「富岳」量子課題論文がPhys. Rev. Researchに出版されました。また、NIMSからプレスリリースされました。
2021.11.18
東工大・東先生らとの我々が予測した固体電解質の合成に関するJST-ALCA・「富岳」電池課題共同研究論文がChem. Mater.に出版されました。
2021.12.01
Jalemさんらの高導電率Naイオン固体電解質に関する元素戦略・蓄電固体界面科学共同研究論文がJ. Mater. Chem. Aに出版されました。
2021.12.08
Gaoらのガーネット型酸化物固体電解質粒界のイオン輸送に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がAdv. Energy Mater.に出版されました。
2022.01.01
主任研究員のJalemが、UCSDのProf. Shyue Ping Ong研究室にて1年間在外研究を開始しました。
2022.03.31
NIMSポスドク研究員のGaoがNIMS理事長賞進歩賞を受賞しました。NIMSポスドク研究員の受賞は初めてです。
2022.04.08
Gaoらのガーネット型酸化物固体電解質粒界のイオン輸送に対するドーパント効果に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がJ. Mater. Chem. Aに出版されました。
2022.07.11
佐々木[D3@東工大館山ー一杉研]がオーストラリア・ブリスベンのThe Univ. of Queensland、Prof. Debra Bernhardt研究室に短期留学しました。(08.30帰国)。イオン伝導度に関する新手法開発が大いに進展しました。
2022.07.22
石川、東工大・大友先生らのアンモニア 電解合成に関する共著計算論文がACS Omegaに出版されました。