東京工業大学
化学生命科学研究所
館山・安藤研究室

2024/06/27

当研究室Qianli SIさんの電池寿命の機械学習予測モデル構築に関する論文“Data-Driven Cycle Life Prediction of Lithium Metal-Based Rechargeable Battery Based on Discharge/Charge Capacity and Relaxation Features”がAdv. Sci. (Impact Factor=14.3)に掲載されました。SIさん、おめでとう。

2024/06/01

台湾・国立成功大でポスドクをしていたDr. Che-an Linが、当研究室(ポスドク)研究員(主にGteXプロジェクト担当)として着任しました。一緒に頑張りましょう。

2024/06/24

6/24,25とJST-ASPIRE 大久保プロジェクト(代表:早大・大久保將史教授)のキックオフおよび若手の会(共に国際会議)が、早稲田大学小野記念講堂で開催され、当研究室からほぼ全員が参加しました。また館山教授と佐々木助教が招待講演を行いました。

2024/06/27

すずかけ台キャンパスの全固体電池材料研究者(菅野先生、平山先生、鈴木先生ら)と訪問中のProf. Yue Qiと一緒に、”Workshop bridging between theory and experiment on all-solid-state battery materials at Tokyo Tech”を開催しました。当研究室からは館山教授、安藤准教授、佐々木助教、LUONG特任助教、ZHOU研究員およびNIMSからJalem主幹研究員が講演しました。

2024/07/01

当研究室研究員のZizhen ZHOUさんが、2024/7/1付で当研究室特任助教に昇任されました。おめでとうございます。

2024/07/02

全固体電池計算科学研究で世界をリードするBrown UniversityのProf. Yue Qiが学生2名と一緒に当研究室を訪問(6/26-7/2)。国際共同研究を開始しました。

2024/07/01

最近の研究室環境はこちらへ!。館山教授の最新研究アクティビティはこちら安藤准教授の最新研究アクティビティはこちら佐々木助教の最新研究アクティビティはこちら

2024/04/08

2024年度は以下の海外からのVisitor滞在が予定されています。(1) 6月中旬ー8月中旬:Mr. Lukas Ketter (Universität Münster: Prof. Wolfgang Zeier研Ph.D Student) @ JSPSサマープログラム、(2) 6月中旬ー7月上旬:Prof. Yue Qi (Brown Univ.)@JST-ASPIREおよびProf. Qi研のPh.D Students2名、(3) 2025年:Prof. Amalendu Chandra (IIT Kanpur)@WRHプログラム(サバティカル)。

2024/03/13

英国のバーチャル電池研究所Faraday InstitutionのGLも担っているUniversity of CambridgeProf. Michael DeVolderがNIMS館山研に来訪し、セミナーに加えて様々な議論・交流を持ちました。

1970/01/01

全固体電池固体電解質の研究で最先端を走る、Universität MünsterProf. Wolfgang Zeierと学生Johannes Hartelが当研究室を訪問してくれました。満開の桜の下で記念写真です。

2024/04/01

2024/4/1付で安藤康伸准教授、佐々木遼馬助教、LUONG Huu Duc特任助教、中嶋武研究員、ZHOU Zizhen研究員が着任しました。また志田さん、鋤柄さんが事務支援員として参画してくれました。研究室の活性化が始まります。

2024/05/24

館山・安藤研では東京科学大学 物質理工学院 応用化学系 修士課程 2025/4入学希望者を募集しています。出願期間は2024/6/6(木)-6/12(水)必着の1週間です。短期間ですのでお気をつけください。

当研究室は「物質理工学院 応用化学系」です。履修コースは「応用化学コース」となります。しかし、研究内容はエネルギー・環境関連材料の計算科学・データ科学研究ですので、従来のこてこての化学のイメージよりは、物理・化学・材料科学の学際領域のイメージの方がより適切であり、様々な分野の学生を指導できる環境です。

ご興味のある方は当ホームページのInformationページおよび以下のURLをご参照ください。

大学院募集要項:https://www.titech.ac.jp/admissions/prospective-students/admissions/guide

2024/02/01

館山教授がCoPIとして参画するJST-ASPIRE”分散型国際ネットワークが実現する基盤蓄電技術革新とネットゼロ社会”(代表:早大・大久保將史教授)が採択されました。これから5年間、若手人材交流による国際共同研究をより一層推進していきます。

 

2024/03/23

館山研では、以下のプロジェクトに従事するポスドク研究員の公募を開始しました。(1)文部科学省DxMTプログラム DX-GEM(東大拠点)、(2) JST-CREST(一杉CREST)、(3) JST GteX(Na-ion Battery)。ご興味のある方は当ホームページのInformationページおよび以下のURLをご参照ください。

募集要項(pdf):240601PDFellow-TateyamaGr-J

東京工業大学教職員公募:https://www.jinji2.jim.titech.ac.jp/koubo/

2024/03/22

館山・安藤研の助教公募(締切2024/05/09)を開始しました。また複数のポスドク研究員ポストの募集も開始しました。詳しくはInformationページをご参照ください。

2024/03/01

館山研究室の准教授として現在産業技術総合研究所主任研究員の安藤康伸さん、助教として現在住友化学に勤める佐々木遼馬さんが2024年4月1日付で着任することになりました。蓄電池・触媒分野、電気化学・界面科学・イオニクス分野の新しい計算・データ科学研究を加速していきます!(今後もう1名助教公募を行います。)

2024/03/04

安藤准教授(予定)がA01理論班班長を務め、館山教授が研究協力する科学研究費学術変革領域研究(A )「イオン渋滞学」(領域代表:東大・一杉太郎教授)が採択されました。これから5年間、ミクロなイオンの世界とマクロな人間社会の対比をしながら、「モノの輸送・移動」の科学を解明・構築していきます!

2024/05/24

大学院説明会が3/28(木)午後(すずかけ台キャンパス)、4/13(土)午後(オンライン)5/11(土)午後(すずかけ台キャンパス)、6/1(土)午後(すずかけ台キャンパス)にて開催されます。館山・安藤研への修士課程2025/4入学・博士後期課程 2024/10入学をご検討されている方のご相談・見学大歓迎です。直前でも結構ですので、館山 ( tateyama.y.aa/at/m.titech.ac.jp )、安藤( ando.y.am/at/m.titech.ac.jp) [/at/を@に変更してください]までご一報ください。また当ホームページInformationページもご参照ください。

物質理工学院 応用化学系 大学院説明会: https://www.titech.ac.jp/0/prospective-students/open-campus/briefing/department-cap

2024/01/12

館山研(早稲田大学・先進理工学研究科・ナノ理工専攻 門間・館山研)所属D1の伊藤暖さんが、科学研究費新学術領域「蓄電固体界面科学」の第10回領域会議に於いてポスター賞(プラチナアワード)を受賞されました。伊藤さん、おめでとうございます。

1970/01/01

(東工大) 東京工業大学・物質理工学院・応用化学系の学部3年生で4年次に当研究室への配属を検討されている方、他大学も含め2025年度に東京工業大学(東京科学大学)の当研究室への修士課程進学を検討されている方は相談・見学可能です。館山教授 ( tateyama.y.aa/at/m.titech.ac.jp :/at/を@に変更してください)まで気軽にお問い合わせください。(現在ホームページ移行作業中のため、これまでの館山研の情報は旧ホームページ https://www.nims.go.jp/group/cs/ もご参照ください。) 

2023/11/13

台湾・国立成功大学のProf. Hong-Kang Tian研究室の先生・学生さんたちが当研究室を訪問し、当研究室メンバーと共にミニ研究会を開催しました。

2023/11/09

Z. Zhou(早稲田大Ph.D)らのリチウムイオン電池正極内のイオン輸送に関する応力歪み効果の第一原理計算研究(世界初レベル)の蓄電固体界面科学・「富岳」材料物理化学課題論文がACS Appl. Mater. Interfacesに出版されました。

2023/10/31

NIMSポスドク研究員だったJANG Seong-Hoonさんが、東北大金研・熊谷研の特任助教として栄転されました。Jangさん、おめでとうございます👏

1970/01/01

Luong(PD)らのイオン伝導度と電子伝導度の両者を考慮した蓄電池正極材料評価に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がJ. Power Sourcesに出版されました。


2023/04/06

佐々木(Ph.D)らのイオン伝導度計算に対する新しい非平衡MD手法の開発と実証に関する蓄電固体界面科学・「富岳」電池課題論文がnpj Comput. Mater.に出版されました。

2023/06/28

Jang(PD)らの固体電解質安定性のハイスループットスクリーニング手法の提案に関するDX-GEM・ABC論文がJ. Phys. Chem. Aに出版されました。


2023/07/05

館山(GL)らのリチウムイオン電池有機正極の計算探索に関する「富岳」電池課題論文がJ. Phys. Chem. Cに出版されました。


2023/08/28

Jalem(Staff)らの有望固体電解質のDFT計算および機械学習に関する科研費・マテリアライズ論文がJ. Phys. Chem. Cに出版されました。


2023/09/11

W. Zhou(PD)らのMg二次電池正極表面における電解液分解機構のALCA-SPRING論文がACS Energy Lett.に出版されました。


2023/02/14

NIMS 国際アドバイザリーミーティング(IAM)のサテライトミーティングを開催し、Prof. K. Amine(Argonne), Prof. P. Bruce (Oxford), Prof. Y.-K. Sun (Hangyang), Prof. M. Winter (Munster) からアドバイスをいただきました。